〒187-0032 東京都小平市小川町1-1089-21

050-5240-7748
営業時間
営業時間:平日9:00~17:00
定休日:土日祝日 年末年始

ご質問・お問い合わせはこちら

よくあるご質問

お問い合わせフォームは365日24時間受け付けしております。

どんな小さな疑問、質問でもかまいませんので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせの多い項目

サービス全般

サービス全般に関するQ&Aです

資料請求すると何が送られてきますか?

お申込書、委任状、実際に納品する和紙に印刷したツリー型家系図のサンプル、系譜のサンプル、カタログ等をお送りいたします。

申込書に添付する身分証明書は何が必要ですか?

以下のいずれかのコピーをご提出いただきますようお願いいたします。

いずれか一つでお申込み可能な身分証(顔写真付き身分証明書です)

1.運転免許証

2.パスポート

3.顔写真入りのマイナンバーカード

マイナンバーが記載されている箇所はコピーしないで下さい。表面の写真と氏名・住所等が記載されている面のコピーが必要です。)

 

※上記をご用意いただけない場合は、以下の2点をご用意下さい。

国民健康保険または健康保険の被保険者証

国民年金手帳

自治体への戸籍請求手数料、切手代、ご納品の際の配送代金等が含まれますので、通常は追加料金は発生しません。

追加料金が発生するのは、家系図を追加で作成する場合などです。

例:実父が養子縁組しており、縁組前の旧姓も追加で家系図を作成するとき等

その際は事前に、調査依頼の有無などをご連絡させていただきます。

他の家系図制作業者に比べ安価なのはなぜ?

お陰様で、毎月多くのお客様にご依頼いただいているためです

また、家系図フォルダ等は当事務所のオリジナルですので、表装にかかる費用を抑えることが可能です。

目安はおおよそ2~3か月でご納品となります。

戸籍調査が完了するまでは、どの程度の時間を要するかはっきりとお答えできないのですが、転籍が多い場合や年末年始で役所が閉所している時期等は、戸籍調査完了までにお時間がかかります。

進捗状況は適宜ご連絡を入れさせていただきますのでご安心ください。

※参考ページ--お申込みの流れ

詳細家系図セットとシンプル家系図セットの違いは?

付属品や価格が異なります。
詳細につきましては、各商品ページをご覧下さい。

※下記の付属品は、シンプル家系図セットには含まれません。

・家系譜

・保存箱(伊勢和紙を使用した貼箱)

・保存用家系図(1000年色落ちしないといわれる和紙で作成した家系図)

・歴史年表

家紋がわからないので調べられますか?

申し訳ありませんが調査できません。

紋付の着物や、ご実家の押入れ、箪笥、風呂敷、墓石などに家紋が施されている場合がありますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

配偶者に家系図をプレゼントしたい

配偶者の方の戸籍調査は行うことができません。

戸籍を遡って取得できるのは、法令によりご本人様に限られているため、配偶者の方の戸籍調査は行うことができません。

配偶者の家系図を作成される場合は、配偶者ご本人様からお申込みが必要となります。

※参考ページ--戸籍調査について

戸籍・戸籍調査について

戸籍・戸籍調査に関するQ&Aです

何代前まで遡ることができますか?

過去の実績平均は、ご依頼者様を一代目と数えて、約5代目のご先祖様まで判明しております。

こちらのページに過去に調査した平均実績の記載がございます。

※参考ページ--戸籍調査について

どの時代まで遡ることができますか?

約9割のお客様が、江戸後期のご先祖様まで判明しています。

こちらのページに過去に調査した平均実績の記載がございます。

※参考ページ--戸籍調査について

上記質問で、約1割は判明していないようですが、どのような理由で遡れないのでしょうか?

戦災や震災により、戸籍が現存しない場合などです。

生没年月日の記載がないご親族の戸籍は取得できますか?

傍系のご親族の戸籍は、法令により取得できません。

法令により、戸籍はご依頼者様の直系のご先祖様のみ遡って取得が可能です。

直系のご先祖様の現存する戸籍は全て取得し、家系図を作成いたします。

傍系親族の戸籍調査を行うことはできませんが、お名前や生没年月日等の情報をご提供いただければ、家系図に追記することができますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

ご先祖様の本籍地が沖縄なのですが、戦災により戸籍が焼失したと聞いた事があります。どのぐらい遡ることができますか?

沖縄県の戸籍は、1944~1945年にかけて、宮古・八重山諸島・久米島を除く全県の戸籍が焼失しました。

したがって、それより前の戸籍を遡ることができません。

戸籍の複製は、1946年に臨時戸籍ができ、1953年の〔戸籍整備法〕により本格的な整備が進められました。

ご先祖様をどこまで遡ることができるかは、実際に戸籍調査を行わないと断定できませんが、目安として、戸籍が複製された1946年以降に生存されている方や、そのご両親、ご兄弟までとなることが予想されます。

家系図お申込みの際は、以上の点をご留意下さいますようお願いいたします。

ご先祖様が養子縁組をしていたかどうかわからないのですが?

戸籍調査で判明いたしますので、ご安心下さい。

父母・祖父母については、養子縁組前の旧姓を調査するか否か、事前に確認のご連絡をさせていただきます。

歴史上の偉人や他家の家系図の作成をお願いできますか?

申し訳ありませんが、調査できません。

戸籍調査を行うことができるのは、ご依頼者様の直系のご先祖様のみです。

自身のご先祖様と歴史上の偉人との関係を調査できますか?

申し訳ありませんが、調査できません。

戸籍謄本は法令によりご自身の直系のご先祖様に限り取得が可能です。それ以外(歴史上の偉人を含む)の人物の戸籍は取得できないため調査をすることはできません。

家系図・家系譜について

家系図・家系譜に関するQ&Aです

ツリー型家系図のサンプルで生没年月日の記載のないご先祖様がいるのはなぜですか?

戸籍調査で生没年月日が判明しない場合は記載がありません。

生没年月日について

直系のご先祖様は、生没年月日は8~9割判明します。

傍系のご先祖様の生年月日は判明することが多いのですが、没年月日は判明しない事の方が多いです。(その場合は家系図に生年月日のみを記載します。)

戸籍調査については下記をご覧ください。

1系統で申込んだ場合、家系図には何人記載されますか?

家族構成や取得できる戸籍の数にもよりますが、当事務所の実績では約30名です。

直系のご先祖様が養子であった場合、養子縁組前の旧姓の家系図を作ってもらうことはできますか?

養子縁組前の旧姓の家系図は作成可能です。

当事務所の実績では、約3割のご先祖様が養子縁組をされています。

養子縁組前の旧姓の家系図を作成依頼した場合、追加料金はいくらですか?

戸籍調査の範囲に応じてお見積りさせていただきます。

おおよそ5千円から2万円の範囲です。

養父・実父の両方の戸籍を辿ることができた場合、家系図の記載はどのようになりますか?

養父のご先祖様はご依頼者様と名字が同じなので、ツリー型家系図(A3)に記載いたします。

実父のご先祖様については、別途ツリー型家系図(A4)を作成いたしますので、そちらでご確認いただけます。

また、詳細コースでお申込みいただいた方には、家系譜で養父・実父、両方のご先祖様の詳細な情報をご確認いただけます。

戸籍調査では判明しなかったご先祖様の名前や生没年月日を家系図に追記してもらうことはできますか?

はい、対応可能です。

正本作成の前に、ご依頼者様に家系図・家系譜の記載内容をご確認いただいております。追記や削除、修正などご指示いただければ対応させていただきます。

過去帳や昔取得した戸籍がありますが、その情報を家系図や家系譜に追加してもらうことはできますか?

はい、対応可能です。

※必ずお申し込み時に、過去帳や戸籍のコピーを添付して下さい。

(情報量が多い場合には有料になります。)

自分の従兄弟、甥や姪も家系図に記載できますか?

傍系親族のため戸籍調査を行うことはできませんが、お名前や生年月日などの情報をご提供いただければ、追記できます。

例えば、ご兄弟の配偶者とその子供の情報など、お名前や生没年月日などをお教えいただければ、家系図に記載可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

お問合せ・資料請求

お気軽にお問合せください

営業時間
平日9:00~17:00
定休日
土日祝日 年末年始

お問合せはこちら

フォームでのお問合せは365日24時間受け付けております。
資料請求では、実際にご納品する和紙で作成した家系図のサンプルとカタログ等をお送りいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

ごあいさつ

行政書士 深澤真恵

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
真心を込めて家系図作成をさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明点やご質問など、何でもお気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧な対応に安心

富山県 30代女性

こちらの様々な質問にも丁寧にご対応いただき、ありがとうございました。
結婚の記念に家系図をお願いして、本当によかったです。

自身のルーツを知る

岩手県 70代男性

知人からこちらの事務所を紹介してもらいました。
大変見ごたえのある家系図に仕上げていただき、感謝しております。
今まで分らなかった、祖父の情報も知ることができました。
家宝として、大切にします。